インド就職

【インド就職体験談】求人の探し方と現地での面接について

私は、日本の会社を辞めてインド就職しようかなと心が傾きつつあった時に、とりあえずは仕事をしながら求人を探すことにしました。私の性格上、就職が決まってからでないと今の仕事を辞める決断ができなかったことも理由の1つです。もしも就職がないようなら仕事を辞めることはできなかったと思います。

私がインド就職を考える上で悩んだことについては次の記事を参考にして下さい。

参考記事
【20代・女性】インド就職をする際に悩んだこと

インド就職の求人を探す

仕事を探すにあたってどうやって探すのか全くわかりませんでした。インド就職の求人を探す際は、人材派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうといったやり方をしている人が多い中、私はそうした仕組みであることも知らず、ただ求人サイトを見てインド就職の求人を自力で探していました。

私がエントリーしたのはインドの求人をフリー掲載しているサイトでした。サイトにはパートや調理師、営業マンなど多数の求人がありました。募集している会社には求人内容と連絡先等が書かれています。連絡先のメールアドレスにメールを送り、求人について話を聞きたい旨送付しました。

すると翌日返信が届き、ひとまず履歴書を送ってほしいと連絡がありました。履歴書を作成するのも学生時代ぶりですし、英語の履歴書になるので、どういう風に書けば良いか悩みました。しかしネットで調べれば、海外転職用の履歴書の書き方についてたくさん出てくるので、そこまで構える必要はありませんでした。

履歴書を送った日の夜返信が届き、ぜひ1度お会いしたいと連絡がありました。ここで問題なのは面接場所です。先方はできれば会社のあるグルガオンに来てほしいとのことでした。グルガオンはデリーからメトロで1時間ほどのところにあるビジネス街で、治安がとても良い街です。ただし面接にかかる交通費などの経費は一切支給しないと言われました。それが難しいようであれば半年後に日本入りするのでその際に面接をしようと提案されました。

インド就職

面接のためインドへ

面接をしにインドのグルガオンへ

私は早めに仕事を決めたかった、また不採用でも観光できるから良いかと思い、グルガオンへ面談をしに行くことにしました。グルガオンに行く際はちょうど3連休があったので、そこにプラス2日ほど有給を使って行くことにしました。インドには行ったことがなかったため、どうせ行くなら少しでも長く居ようと思い、この日程にしました。

有給の申請やチケットの手配が無事に終わり、いよいよグルガオン入りです。グルガオン入りの際はスーツとリクルート靴、そして一応お土産を持参しました。早朝着の便だったのですが、グルガオンでの面接は13時からでした。

まずは宿泊予約をしたホテルに荷物を置きに行きました。幸いチェックインしてもいいと言ってくれたのでそのまま部屋に向かいました。部屋に到着してから半袖に着替えて近所を散策しました。グルガオンはゴミも落ちていないし、物乞いなんて全く居なくインド感はありません。働くのであれば最高かなと思いましたが、デリーのようなインド感を期待していた私は少しガッカリしました。

グルガオン

インドでの面談は1時間遅れでスタート

11時にホテルに戻って面接に向けて準備をしました。ホテルから近い場所に面接場所(就職先)はあったのですが、時間に余裕をもって早めに出発しました。12時半に会社について面接を待っていましたが、面接担当者が来たのは面接時間の1時間遅れの14時でした。私は「インド人は私が想像していた通りなぁ。」と少し安心しました。男性の責任者がしてくれたのですが、私が持っていったお土産もとても喜んでくれて、いい意味でのんびりしている雰囲気だなと思いました。

どうやら採用を前提に面接をしてくれているようで、いつから仕事が開始できるか?などといった質問でした。スキルについてはヒンディー語はできますか?など聞かれました。私は全くできませんでしたが、問題ないからと言われました。グルガオン入りしたら支度金を支給することや勤務時間、休暇、給料などの説明がありました。またアパート探し等も希望であれば会社がサポートしますと言ってくださいました。アパート探しはどうしたらいいのかわからなかったので、この申し出はとても助かりました。

私の方から健康保険など福利厚生について聞きました。保険についてはインドの健康保険があり、そちらへ加入するとのことでした。またその他海外旅行保険のような保険があり、希望であれば給料から差し引く形にはなるものの加入は可能とのことでした。

私の周りのインド就職している日本人は、現地での面接は採用を前提としていて、よっぽどのことがない限り、不採用にはならないと言っていました。私の場合、面接では就職開始時期、給料、就職期間、住居、保険のことについて話しました。

まとめ

インド就職の求人を探す場合は、人材派遣会社に登録して、紹介してもらうのが普通だそうですが、私はそのようなやり方は知らなかったので求人サイトを見て探していましたが、案外たくさん見つかりました。人材派遣会社によっては紹介手数料を取られるところもあるので、自分で探したほうがいいかもしれません。

このような形で私の就職先は決まりました。私のケースはインドのフリーの掲示板の求人にエントリーし、面接1か所目で内定→就職といった形です。インド就職で悩んでいる方は、良さそうな求人を見つけたら、とりあえず現地面接をしてみると良いかもしれません。実際に会社に行ってみなければわからないことも多いと思いますのでオススメです。