インドのUberドライバー付きの車貸し切りサービスリリースへ

インドのUberは車の貸し切りサービスをリリースしようとしている。これらはレンタカーとは全く異なり、ドライバー付きで車を一日中貸し切ることができる。

Uber Hireと呼ばれるこのサービスは、今後インドの8都市でテストが予定されている。これらは、一日の間に複数ミーティングを回りたい場合や、旅行やショッピングで複数間移動したいというニーズに答えたものになる。料金は同じく、距離と時間をもとに算出される。だがしかし、現状では支払は現金でしか行えないとのことだ。

これらのサービスはインドのOla(Uberと同じくタクシーの配車サービスを提供する)がすでに80都市以上で展開しており、Uberは彼らが競合相手になる。

UberやOlaのおかげで、オンデマンドでかつストレスフリーでタクシーを呼ぶことができるようになり、インドでの生活はとても便利になっている。さらに、それらの乗車料金はその他先進国比べるととても安いのが特徴である。

今後、一日中タクシーとドライバーを貸し切れるということになれば、ビジネスにおいても、私たちの生活においても利用の幅が大きく広がることになるであろう。

参考:TechCrunch Uber’s newest service in India lets customers book a car for multiple trips