PET

インドの水タンクを環境の優しいPET容器に替える

現在、ウォーターサーバーなど、飲料水の貯蔵に使われている容器にはビスフェノールA(BPA)という有害物質が含まれている可能性があるという研究が増えているため、インドでは安全でより環境に優しいPETの容器の採用を検討しています。

PETの容器はヨーロッパのPetainer Innopacによって開発が進められており、インドで貯水容器の販売に携わっている企業は、PETに切り替えようと動き始めています。PETにすることによって、BPA含まれなくなり、耐久性も上がり、同時に環境への影響も低減し、またコストも30~40%程度削減できると言われています。

インドの経済成長が他の先進国のものと違うところは、環境に気を遣っているものが多いことです。他の先進国の経済成長期は環境破壊について考える人がいなかったので、成長を終えると同時に、環境問題が露呈しました。インドは経済成長中も環境問題を考慮していて、今までの先進国とは良い意味で異なった発展を遂げると考えられています。

TIMES OF INDIA「Corporates now switching to eco-friendly PET water containers」