マクドナルド

インド・デリーにあるマクドナルド43店舗が閉鎖

6/29より、デリーにあるマクドナルド55店舗の内、43店舗を閉鎖することを決定しました。閉店の理由は明らかにはされていませんが、共同事業体内部のインド人役員とマクドナルド本社での主導権争いから、飲食店免許を更新できなかったためだと言われています。これによって1700人以上の従業員が失業すると予想されています。公式の発表では閉店は一時的なものとされていますが、復帰の目処は未だ立っておりません。

インドではここ1,2年ファーストフード店がとても流行っており、ドミノピザやピザハット、SUBWAYなどの世界チェーンのファーストフード店がデリーを中心に店舗数をどんどん拡大しています。

特にマクドナルドはインドに出来て以来ずっと人気で、売上も相当良かったはずにも関わらず、内部の揉め事で閉店してしまうのは非常にもったいないと私は思います。インドのマックのクオリティは他の海外の他の国のクオリティと変わらず、日本の駐在の方からも大きな支持を得ていました。一日も早いマックの復帰を望みます。

参考
The ECONOMIC TIMES「43 McDonald’s Delhi outlets to shut today, 1700 will lose jobs」