Googleが取り組む無料公衆WIFIの設置計画!インド100駅に設置完了

2015年9月、Gogoleはインドの鉄道駅400駅に無料公衆WIFIを設置すると発表した。同社は2016年末までに100駅に公衆WIFIを設置すると予定していたが、当初の予定通りインド南部のタミールナド州の都市、ウダガマンダラム駅で2016年12月22日に無料のWIFIサービスが始まり、インド国内100駅に公衆WIFIサービスを設置することが完了した。

今回のGoogleの発表によると、今回設置した100駅は特に乗降客が多い駅とのこと。約1000万人ほどの利用客があり、初めてWIFIを利用するユーザーは15000人にまでのぼるという。

インドでは遠方から何時間もかけて仕事に向かう人たちが多く、その際になかなか電波がつながらなかったとのこと。現在、WIFIは、家族や、友達と話すためや、仕事に行くまでの情報収集のために使われている。ユーザーからの反応は好感触だ。

Googleは今後、商業施設や通信事業者と協力し、公共施設にもWIFIを設置していくことを計画している。この計画は「Google Station」と呼ばれ、今後もショッピングモールや、バスの停留所などの公共施設に無料、もしくは有料のWIFIスポットを設置していくことを計画している。

ボストンコンサルティンググループによると、インドのネットユーザー数は2014年の1.9億人から、2018年には4億~5.5億人にまで倍増することが予想されている。

参考:Indian Express Ooty is 100th railway station to Google’s high-speed Wi-Fi