インド紙幣

2017年のGDP成長率は7.1%?!紙幣改革によって経済成長への影響はあるのか

インドは2016-2017年の予測GDP成長率が7.1%になるという見込みを発表した。昨年の7.4%からマイナスの見込みとなったがインド政府はこの数字に対して悲観的な見方はしていない。

▼背景
・2016年11月、インドでは高額紙幣である500Rs札と1000Rs札が廃止となり、急速にキャッシュレス化を進めたことで消費が落ち込んでいた。
・インド政府内でこの紙幣改革が経済成長に悪影響を与えるという意見が多く挙がっている。

昨年11月の紙幣改革はインドの生活を大きく変えるきっかけとなった。改革後、paytmというオンライン決済サービスの登録者が急激に増加し、キャッシュレス化が進んでいる。

先日にはこれまで世界経済の中でも成長が著しかった東南アジアの成長が止まったというニュースも入ってきた。次に大きな成長が期待されるインドはこの紙幣改革によって強固な経済成長の基盤を作ろうとしているため、今後の動向に注目が集まる。

参考記事:THE TIME OF INDIA