インド連邦予算、若年層のスキルアップと雇用創出に着目か。

インドでは、今後の都市化の進展に伴い、雇用とスキルアップを促進するための施策について、インドの連邦予算が注目されている。この予算では、インドにおける雇用創出の問題に取り組むことを期待されており、学生及び、労働者の機会を改善するために取り組まれる。

現在、インドが抱える課題としては、インドにおける雇用可能年齢の大部分は適切なスキルを持っていないこと。そのため政府は、学校、もしくは、大学の卒業者のスキルアップのための訓練を行う施設の建設など、それらに対して予算が反映していくことを検討している。

それだけでなく、政府側からオンライン学習の提供を促したりと、経済的、地理的に学習機関に通うことが難しい人に対しても同等の訓練を提供する。

政府は、都市化の進展によって、農村部が農業部門以外に雇用を求める状況に対処しなければならないとしている。今後もインドにおいては人口の増加、都市化の進展によって、多くが都市に流れ込み、彼らは都市部で雇用を求めることになる。

現代経済に影響を与える若年層をいかに訓練し、いかなる仕事に就くことを可能にするか。今後の政府の予算組みがこれらの課題への取り組みに対する明暗をわけるであろう。

参考:Budget may focus on skilling youth, creating jobs